▲ 

関西支社

新名神高速道路大阪府域 地下水流動対策検討委員会の結果等について

委員会の結果

新名神高速道路(高槻~府県境)において、トンネル及び道路掘削による地下水への影響を解析するための手法を検討するとともに、影響があると判断された場合は対策工の検討を行うことを目的として、第三者の学識経験者からなる委員会を設立しています。

観測結果

箕面トンネル(仮称)では、トンネル施工の影響等を把握するため、地下水位、河川流量等の観測を行っています。