▲ 

中期経営計画2020の重点施策

高速道路ネットワークの機能強化

  • 日本の新たな大動脈として、新名神の平成35年度全線開通を目指します

これまで、日本の産業と社会を支え続けてきた名神高速道路を多重化し、日本の大動脈である高速道路の信頼性を格段に高めるべく、「未来につなぐ信頼の道」新名神高速道路の整備を進めます。

日本の新たな大動脈として、新名神の平成35年度全線開通を目指します

※1
独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構との協定により定めた開通予定年度
  • 高速道路網が繋がっていない区間(ミッシングリンク)の整備や4車線化事業など高速道路の機能を高めます

高速道路網が繋がっていない区間(ミッシングリンク)の整備や4車線化事業など高速道路の機能を高めます

  • 高速道路ネットワークの更なる機能強化を着実に進めます

高速道路ネットワークの更なる機能強化を着実に進めます

老朽化した道路構造物について、大規模更新・修繕事業を着実に実行します

※1
暫定2車線区間とは、4車線で計画された道路のうち、2車線のみを暫定的に開通している区間
※2
4車線化事業中(既供用)96km及び暫定2車線化事業中(未供用)23kmを含む