▲ 

中期経営計画2020の重点施策

安心してご利用いただける高速道路空間とサービスを提供します

  • 逆走・人の立入り・対向車線逸脱に対する防止策を進めます

重大事故に繋がる逆走や車線逸脱事故を防止するための各種取り組みを進めます。

逆走事故の撲滅に向け、国、警察、自動車メーカー等との連携を図り、ハード・ソフト面での重層的な逆走防止対策の検討を進めていきます。
(カーナビ等のITS※1活用、危険運転者免許取り消し、など)

逆走・人の立入り・対向車線逸脱に対する防止策を進めます

※1
情報通信技術を用いて、道路交通情報の提供や運転支援・車両間での情報交換などを行い道路交通の問題解決を図るシステム。
  • 快適な休息を確実にご提供できるよう、SA・PA駐車マスの確保に努めます

サービスエリアやパーキングエリア(SA・PA)によっては、駐車場が慢性的に混雑しており、お越しいただいたお客さまに休息の場をご提供出来ていない場合があります。

混雑の多いSA・PAから順次、駐車場のレイアウトを抜本的に見直し、必要な駐車マス確保に向け改良を進めます。

快適な休息を確実にご提供できるよう、SA・PA駐車マスの確保に努めます

  • 交通事故根絶に向けた取り組みを推進していきます

事故多発箇所を中心とした事故削減対策を実施するとともに、ETC2.0※1をはじめ、プローブデータ※2等のデータを活用し、事故が多い箇所を選定の上、交通安全啓発活動等の対策を推進します。

高速道路上での取組

※1
道路側のアンテナであるITSスポットとの高速・大容量、双方向通信
※2
GPSによる車両の位置情報や速度・加速度などの走行記録データ

挙動データ分析による運転危険箇所の抽出と安全運転支援の例

高速道路における交通事故根絶に向け、“DRIVE&LOVE”などのプロジェクトによるドライバー向けの安全啓発活動を推進していきます。