▲ 

CSRの重要課題と取り組み状況

NEXCO西日本グループでは、「事業活動を柱として、社会の持続的な発展に貢献します」というCSR新規ウィンドウを開きます活動方針のもと、ステークホルダー新規ウィンドウを開きますとの対話で得られたご意見を参考にしながら、CSRの重要課題を特定しています。また、目標の設定・管理にあたっては、高速道路という社会インフラを預かる企業として、安全・安心につながるものを最優先とし、事業に根差した活動に継続的に取り組んでいくことを重視しています。

CSRの重要課題と取り組み状況について

サステナビリティ新規ウィンドウを開きます(持続可能性)報告の国際的ガイドラインとして、組織の形態、業種、事業規模、国・地域などを問わず幅広く活用されている「GRI新規ウィンドウを開きますガイドライン第4版」(G4)では、CSRの重要課題を特定することが求められています。以下の表では、当社グループの特定した重要課題がG4のどの指標にあたるかを示しています。高速道路事業は、国民の生活に密接に係わる基本的な社会インフラであるため、関わりのあるステークホルダーも多く、重要課題は多岐にわたっています。

CSRの重要課題と取り組み状況