▲ 

中期経営計画

高速道路は我が国の大動脈として生活・経済活動に欠かせない重要インフラであり、NEXCO西日本グループは24時間365日、この高速道路の機能・サービスを間断なく提供する使命を担っています。当社グループはこの使命を全うするため、新しいグループ理念のもと、2016年度からの5カ年の中期経営計画2020を推進していきます。

策定の背景と基本的な考え方

経営環境の変化

写真:●老朽化の深刻化 ●大型車、重量超過車両の増加

●老朽化の深刻化

●大型車、重量超過車両の増加

写真:●異常気象、災害の頻発化(東日本大震災、熊本地震、南海トラフ・内陸直下型地震への懸念)

●異常気象、災害の頻発化
(東日本大震災、熊本地震、南海トラフ・内陸直下型地震への懸念)

写真:●次世代エネルギー普及の促進 ●自動運転の実現

●次世代エネルギー普及の促進

●自動運転の実現

写真:●地域創生の推進 ●訪日観光客の増加 ●生産性の向上への期待

●地域創生の推進

●訪日観光客の増加

●生産性の向上への期待

3つのキーワード「安全・安心」「信頼」「成長」

「安全・安心」の
追求が基本
  • 社員一人ひとりがリスク感度を高め、高速道路における「安全・安心」という基本のサービスを最優先に、高い品質でお客さまにお届けします。
  • 重要な社会基盤である高速道路ネットワークを強化し、健全な状態で次世代へと継承します。
  • 24時間365日高速道路の機能を保持するとともに、異常気象や災害・事故に対しても迅速に対応し、間断ない交通の確保に向けた防災対応力を高めます。
「信頼」されるサービスと
組織運営をめざす
  • NEXCO西日本グループは、社員一人ひとりがコンプライアンス新規ウィンドウを開きますを重視し、社会から信頼され必要とされる組織となるように努めます。
  • 地域の魅力や特性と高速道路ネットワーク機能との相乗効果により高速道路の価値最大化をめざすと共に、地域から期待される事業を展開します。
地域と共生し、持続的な
「成長」をめざす
  • 高速道路ネットワークの価値を最大化する取り組みを継続し、地域と共に100年先の未来まで持続的に成長していきます。
  • 高速道路を取り巻く環境の変化に適切に対応し、グループ一体となって進化し続けます。

▼民営化後の主な成果 日本道路公団新規ウィンドウを開きますの分割民営化、NEXCO3会社の設立から10年。着実な成果を上げています。

グラフ

主な成果に記載する数値はNEXCO3会社の合計値

主な重点施策

【1】100年後も安心して利用できる高速道路

写真:高速道路リニューアルプロジェクトに着手

高速道路リニューアルプロジェクトに着手

写真:プレキャストPC床版への取り替え工事

プレキャストPC床版新規ウィンドウを開きますへの取り替え工事

【2】高速道路ネットワークの機能強化

写真:新名神の建設を推進

新名神の建設を推進

写真:神戸JCTの建設状況 (中国道・山陽道・新名神が接続)

神戸JCTの建設状況
(中国道・山陽道・新名神が接続)

【3】お客さまと地域の皆さまに愛されるSA・PA

写真:賑わい空間の創出

賑わい空間の創出

写真:地域の魅力を発信

地域の魅力を発信

【4】工事の安全対策の徹底

写真:工事中の重大事故の撲滅に向け、 リスクマネジメントを推進

工事中の重大事故の撲滅に向け、
リスクマネジメント新規ウィンドウを開きますを推進

【5】大規模災害など緊急時への備え

写真:防災訓練(段差補修訓練)の様子

防災訓練(段差補修訓練)の様子

【6】熊本地震の本格復旧

写真:九州道 4車線解放前の様子(2017年4月)

九州道 4車線解放前の様子(2017年4月)

経営目標

▼料金収入(単位:億円)

グラフ:料金収入

▼道路資産賃借料(単位:億円)

グラフ:道路資産賃借料

▼道路資産完成高(単位:億円)

グラフ:道路資産完成高

▼SA・PAの店舗売上高(単位:億円)

グラフ:SA・PAの店舗売上高

「道路資産賃借料」「道路資産完成高」についての詳細は、「高速道路事業とNEXCO西日本の役割」をご覧ください。

関連ページ