▲ 

高速道路交通の管理

高速道路のパトロール

24時間365日の高速道路巡回を通じて、道路の安全と円滑な交通を確保しています

道路の安全と円滑な交通の確保を図るため、交通管理隊が高速道路を巡回しています。

交通管理隊が収集・把握した渋滞の状況や気象情報などは道路管制センターで集約し、情報板などを通してお客さまに発信しています。

また、路上障害物が発生した際は、緊急出動して排除にあたるほか、警察・消防と連携した事故対応、故障車に対する援助などを通じて、お客さまの快適なドライブをサポートしています。

写真:落下物排除の状況

落下物排除の状況

社員コメント

隊員間の連携により、お客様の安全と交通の確保に取り組んでいます。

高速道路の巡回では2人1組で業務に臨みます。事故等の異常事象では、1人は「監視員」として、赤旗を用いた走行車両への注意喚起や、通行する車の動向監視を行います。

もう1人は「作業員」として、お客さま対応や異常事態への対応を行います。一瞬の隙が事故を引き起こすこともあることから、2人の密接な連携は欠かせません。

作業時には車の動向に注視し、迅速かつ的確な処理に努めることで、お客さまと自らの安全や、円滑な交通の確保に取り組んでいます。

写真:西日本高速道路パトロール九州(株)鹿児島基地 副班長 前田 修身 隊員 田中 義樹

西日本高速道路パトロール九州(株)
鹿児島基地
副班長 前田 修身
    隊員 田中 義樹