▲ 

自治体や関連団体と連携した取り組み

ドライブパスの実施

自治体と連携して、地域の魅力発信に取り組んでいます

自治体や関係団体と連携した観光振興の取り組みの一つとして、ETC限定で周遊エリアの高速道路が定額で乗り放題となる「ドライブパス」を実施しています。 

2017年度は、関西・中国・四国・九州各地域のドライブパスや、訪日外国人向けの企画等の実施により、約20万件のご利用がありました。

2018年度は、対象エリアの見直しやSA・PAでの特典の充実など、より魅力のある商品となるよう改善し、各種ドライブパスを継続して実施するとともに、二輪車限定のツーリングプランも新たに実施しています。

今後もお客さまに喜んでいただける商品を企画し、高速道路ネットワークを活用した地域の魅力発信に取り組んでいきます。

▼2017年度の主なドライブパス

ぶらり中国 ドライブパス2017 31,744件
San'in-Setouchi-Shikoku Expressway Pass 1,554件
Kyushu Expressway Pass 33,556件
四国まるごと ドライブパス!2017 15,549件
京都・若狭路・びわ湖 ぐるっとドライブパス 2017 9,836件
九州よかよか ドライブパス2017 111,831件
Kansai Expressway Pass 107件

※2017年度内のご利用件数を集計したものです。

オフィシャルパートナーとしての活動

国や自治体と協働し、地域の活性化に取り組んでいます

当社は2017年3月に環境省と「国立公園オフィシャルパートナーシップ」を締結し、ドライブパスの沿線に位置する国立公園の魅力を発信することにより、地域間交流の促進や地域の活性化に取り組んでいます。

また、2025年国際博覧会(万博)を大阪・関西へ誘致するため、誘致活動を支援する「オフィシャルパートナー」として、SA・PAにのぼり旗を設置してPRを行うなど、認知度の向上や気運の醸成に向けた誘致プロモーション活動に積極的に協力しています。

写真:オフィシャルパートナーとしての活動

お国じまんカードラリーの展開

自治体と連携して広域的な観光振興に取り組んでいます

2014年度から自治体と連携して、「お国じまんカードラリー」を実施しています。自治体が選んだ観光地やSAに設置したカードを集めて、抽選で地域の名産が当たるキャンペーンで、2017年度は1万人を超えるお客さまにご参加いただきました。そのうち約半数のお客さまがこのカードラリーを目的としてご旅行されており、新たな観光需要を生み出しています。2018年度も23府県と連携して当キャンペーンを実施しており、今後も西日本各地に広がる当社ネットワークを活かし、広域的な観光振興に取り組んでまいります。

写真:「お国じまんカードラリー」キャンペーンパンフレット

「お国じまんカードラリー」
キャンペーンパンフレット

写真:GO!JIMANカード

GO!JIMANカード

写真:PRの様子

PRの様子