▲ 

災害に強い組織・連携ネットワークの構築

高速道路への国民の信頼に応えるため、「想定を超えた広範囲の激甚災害新規ウィンドウを開きますにも対応できる仕組み」を構築します。発生時には速やかに高速道路機能を回復し、被災地域の救急・復旧・復興に貢献します。防災対策をより実効性の高いものへ逐次見直し、不断の努力を続けていきます。

防災体制

道路機能の迅速な回復に努めています

高速道路の早期復旧にあたっては、情報の収集・発信拠点となる「災害対策本部」を災害規模に応じて設置し、本部を中心にグループ会社も含め指揮統制の取れた体制を構築することが重要です。そこで、訓練等によって得られた課題についての対策を講じるなど、災害対応計画を継続的に見直しています。

2017年度は九州北部豪雨での被災状況を踏まえ、急変する気象に対応可能なように、高速道路が通過する自治体を対象に特別警報が発表された場合には防災体制を強化する見直しを行いました。

写真:熊本地震時の社内災害対策本部

熊本地震時の社内災害対策本部

南海トラフ巨大地震への対策強化

被害想定に基づき、被害想定箇所への資機材等の備蓄を強化しました

東日本大震災の教訓を踏まえ、津波被害が想定される地区では、事務所や料金所、休憩施設(SA・PA)への非常用自家発電設備の燃料備蓄を7日間分に増やす計画を策定し、2014年度までに112ヵ所すべてへの備蓄を完了しました。また、一時退避されたお客さまに対する食糧、水、衛生用品などの防災備蓄について、震度5強が想定される休憩施設242ヵ所に対して、2018年度までに235ヵ所への配備を完了しました。

▼休憩施設(SA・PA)に備蓄する資機材の一覧

種別 備蓄する資機材 備蓄する施設数(箇所数) 箇所あたりの備蓄量
最低限の衛生用品・食糧・水 携帯トイレ 235 240~3200枚
トイレ利用キット 235 2~3セット
毛布 235 40~500人分
おむつ 235 70~540枚
生理用品 235 48~384枚
ゴミ袋 235 40~540枚
非常食 151 120~1080食
飲料水 151 240~2136食
ライフライン新規ウィンドウを開きますの寸断を想定 備蓄倉庫 235 1台
発電器 235 1台
投光機 235 1台
コードリール 235 1台
石油ストーブ 235 1台
燃料缶詰 235 ガソリン:4缶
軽油:4缶
建物被害 大型テント 11 1張
救出工具キット 95 1セット

施設の規模(駐車ます数)により備蓄量を決定しているため、エリアにより備蓄量は異なります

▼備蓄する資機材の例

写真:備蓄する資機材の例

地域・他機関との連携

災害協力協定新規ウィンドウを開きます等に基づく連携強化を図っています

地域住民の安全・安心の向上を図るため、これまで西日本の全24府県、陸上自衛隊、独立行政法人国立病院機構災害医療センター及び同法人大阪医療センターと大規模災害時の相互協力を定めた災害協力協定を締結しています。

加えて、西日本管内の電力会社と協定を締結し、連携強化を進めています。

図:地域・他機関との連携

防災訓練

関係機関と連携し、実践的な訓練を実施しています

地震など自然災害の発生時や通常起こり得る交通事故などを想定し、迅速かつ的確な対応ができるよう、グループ全体や関係機関と計画的に防災訓練や災害図上訓練(DIG)新規ウィンドウを開きます等を実施しています。

津波被害が想定される地域では、自治体や住民の皆さまと連携して、津波一時避難訓練を行っています。

継続的に関係機関と連携した訓練を実施しながら、課題抽出および改善等に取り組み、実効性のある体制の構築に取り組んでいきます。

■総合防災訓練 段差修正訓練

写真:土のうによる段差修正

写真:修正した段差を走行する車両

■総合防災訓練 お客さま避難誘導訓練(南国SA)

写真:高知自動車道 南国SAでのお客さま避難誘導訓練の様子1

写真:高知自動車道 南国SAでのお客さま避難誘導訓練の様子2

高知自動車道 南国SAでのお客さま避難誘導訓練の様子

■津波一時避難訓練 (和歌山県みなべ町)

写真:阪和自動車道 みなべ料金所での避難訓練の様子1

写真:阪和自動車道 みなべ料金所での避難訓練の様子2

阪和自動車道 みなべ料金所での避難訓練の様子

■津波一時避難訓練 (徳島県徳島市)

写真:徳島自動車道 盛土のり面の避難施設1

写真:徳島自動車道 盛土のり面の避難施設

徳島自動車道 盛土のり面の避難施設

■近畿地方DMATブロック訓練

写真:のり面崩壊状況(発災時)

写真:のり面崩壊状況(応急復旧後)

名神高速道路 吹田料金所敷地内での訓練の様子

  

冬期における道路交通確保

大雪時の社会的影響の最小化をめざします

大雪時には、大規模な滞留車両の抑制と通行止め時間の最小化を図るため、除雪体制の強化や集中除雪、大雪時の需要抑制の事前広報等の取組みを推進します。

また、大雪特別警報等異例の降雪時には、一部区間でチェーン規制を実施する可能性があります。

▼大雪時にチェーン規制を実施する可能性のある区間

都道府県
道路名
大雪時にチェーン規制を
実施する可能性のある区間
岡山県・鳥取県 米子道 湯原IC~江府IC 34km
広島県・島根県 浜田道 大朝IC~旭IC 27km

写真:米子道 車両滞留状況

米子道 車両滞留状況