▲ 

ニュースリリース

E3 九州自動車道(上り線)太宰府IC付近の渋滞対策に着手します

令和3年1月13日
西日本高速道路株式会社

NEXCO西日本九州支社(福岡市博多区、支社長:松田 均)は、E3九州自動車道(上り線)太宰府(だざいふ)インターチェンジ(IC)出口付近で発生する渋滞の緩和を目的に、太宰府IC出口へ流出する車線運用を変更する対策に着手します。

E3九州自動車道(上り線)3車線のうち、左車線のみ出口へ流出できる現在の運用を、左車線と中央車線の2車線から出口へ流出できるように変更することで、太宰府IC出口付近における渋滞回数の減少が期待されます。

工事中は交通規制を実施いたしますので、周辺の交通状況にご注意のうえご走行ください。高速道路をご利用のお客さまおよび沿道にお住まいの皆さまには、ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いします。

車線運用変更の概要

車線運用変更の概要

事業概要

E3九州自動車道(上り線)筑紫野IC~太宰府ICを走行する1日約5万台の交通量のうち、約3万台が太宰府IC出口から流出しています。それにより、平休日とも夕方を中心に、太宰府IC出口付近を先頭とする渋滞が発生しています。

この渋滞対策として、E3 九州自動車道(上り線) 太宰府IC出口において、左車線のみ出口へ流出できる現在の運用を、中央車線からも流出できる運用に変更します。

工事の内容

1.工事箇所:

E3 九州自動車道(上り線) 筑紫野IC~太宰府IC

位置図

位置図

2.工事期間:

令和3年1月下旬~令和3年3月下旬(予定)

※工事時期等詳細については別途WEBサイトでお知らせいたします。

3.工事内容:

路面標示の変更
標識の新設・取換え

4.工事完了時期:

令和3年3月下旬(予定)

※車線運用変更の開始時期の詳細は改めてお知らせします。

5.期待される効果:

3車線のうち、左車線と中央車線の2車線から出口へ流出できるようになり、太宰府IC出口付近における渋滞回数の減少が期待されます。