▲ 

メディアを通じた情報発信

マスコミ向けプレスツアーの開催

建設現場等をマスコミ向けに積極的に公開しています

2018年度は、新規開通スマートIC・高松自動車道4車線化・リニューアル工事現場のマスコミ向けプレスツアーを開催しました。

プレスツアーでは現場公開のほか、概要説明、スマートICにおいては利用方法・注意事項の説明、実車によるデモンストレーション走行を公開し、テレビ・新聞等を通じ、高速道路の安全・安心に向けた取り組みを積極的に情報発信しました。

また、広島呉道路・高知自動車道立川橋の被災現場や、関空連絡橋の復旧作業等の公開を行い、一日も早い復旧に向けた姿勢について地域の皆さま・利用者の方々のご理解を得るよう取り組みを行いました。

写真:和歌山南スマートIC建設現場公開

和歌山南スマートIC建設現場公開

写真:和歌山南スマートIC建設現場公開

和歌山南スマートIC建設現場公開

写真:橋梁架設マスコミ公開

橋梁架設マスコミ公開

写真:広島呉道路復旧現場公開

広島呉道路復旧現場公開

積極的な情報発信

高速道路を快適にご利用いただけるよう、積極的な情報発信に努めています

当社では、50周年を迎えた名神高速道路をはじめとして、建設から30年以上が経過した道路を多く管理しており、老朽化した高速道路の抜本的な補修を行っております。

これらの大規模更新・修繕事業(高速道路リニューアルプロジェクト)や集中工事は長期間にわたる交通規制を余儀なくされ、ご利用されるお客さまをはじめ、高速道路沿線の皆さまにも大きな影響を及ぼすことから、高速道路の損傷や老朽化の状況をお知らせし、健全な道路を次世代につなげるための工事であることを広く認識いただく必要があります。

そのためテレビ・ラジオCMをはじめ、高速道路の掲示板やSA・PAのハイウェイ情報ターミナル、リーフレット、ポスター、お客さまセンターなど、あらゆるコミュニケーション手段を活用してお客さまにお伝えしています。

また、WEBサイトでは、渋滞を回避して快適にご利用いただくために、工事規制予測や渋滞予測の情報を掲載するなど、日々、新鮮でお役立ちいただける情報発信に努めています。

写真:テレビCM

テレビCM

写真:のポスター

ポスター