▲ 

中期経営計画「進化2025」

進化2025表紙

近年の地球温暖化やデジタル技術の急速な進歩により、今後、高速道路に求められる機能や役割が大きく変化していくと考えられます。
当社グループは、これらの経営環境の変化に柔軟に対応する「進化」を遂げることで、社会から求められる役割や使命を果たしていきたいと考えています。
本中期経営計画では、将来のありたい姿として5つのビジョンを示した上で、その実現のため重点施策を策定し「進化2025」と題して、今後5ヵ年において当社グループが取り組むべき計画を取りまとめました。

策定の背景

経営環境の変化

高速道路

  • 高速道路の老朽化の進行
  • 自然災害の激甚化・頻発化
  • CASE※1・MaaS※2の進展
  • 自動運転技術の向上・発展
  • 次世代自動車の普及 等

社会

  • 5G※3大容量通信サービスの開始
  • AI※4やICT※5等の技術革新の進展
  • 少子高齢化の進行
  • ポストコロナ社会の新しい生活様式の定着
  • SDGs※6の取り組み 等
  • ※1 Connected(コネクテッド)・Autonomous(自動化)・Shared&Service(シェアリング&サービス)・ElECTRIC(電動化) 
  • ※2 Mobility as a Service(サービスとしての「移動」)
  • ※3 第5世代移動通信システム
  • ※4 Artificial intelligence(人工知能)
  • ※5 Information and Communication Technology(情報通信技術)
  • ※6 Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)

5つのビジョンと重点施策