▲ 

編集方針

編集方針

NEXCO西日本グループでは、ステークホルダー新規ウィンドウを開きますの皆さまに当社グループのCSR新規ウィンドウを開きますに対する考え方や取り組みをわかりやすくお伝えするとともに、ご意見・ご期待を把握するためのコミュニケーションツールとして、「コミュニケーションレポート」を編集・発行しています。

レポートは「全体版」と「要約版」の2つのメディアで発行しており、詳細な取り組みを網羅的に報告する「全体版」では、ウェブサイトに掲載することで、ステークホルダーの皆さまが情報にアクセスしやすいように工夫しています。また、重要な取り組みを冊子にコンパクトにまとめた「要約版」では、ビジュアルを多用することで、親しみやすく手に取りやすいレポートを目指しました。

報告対象期間:
2017年4月1日~2018年3月31日(一部2018年4月1日以降の内容も含みます)
発行時期:
2018年7月(前回:2017年7月、次回予定:2019年7月)
参考にしたガイドライン等:
  • 環境省「環境報告ガイドライン(2012年版)」
  • GRI新規ウィンドウを開きます(Global Reporting Initiative)「サステナビリティ・リポーティング・ガイドライン第4版」(持続可能な社会新規ウィンドウを開きますの実現に向けて、組織の目標と実績について報告するための国際的ガイドライン)
  • (財)日本規格協会「ISO26000新規ウィンドウを開きます:2010」(企業を含むあらゆる種類の組織の社会的責任に関する包括的ガイダンス)

▼「コミュニケーションレポート2018」各メディアの情報内容

図:「コミュニケーションレポート2018」各メディアの情報内容

レポートへの主なご意見と改善のポイント (「コミュニケーションレポート2017」読者アンケートより)

主なご意見 視覚的に楽しそうな記事にして、高速道路事業の硬いイメージがある専門的な説明を分かりやすくして欲しい。 サービスエリアなど、地域とのタイアップや施設の充実、顧客サービスにかかわる情報を知りたい。 災害対策や安全確保のための努力が伝わり良かった。今後も詳しく聞きたい。
 
改善のポイント イラストと数字で取り組み状況をわかりやすく誌面に取り入れ、お客さまが興味を持っていただける工夫をしました。 特集ページにおいて、NEXCO西日本ならではの取り組みの現状をお伝えするよう、タイムリーな話題を取り上げています。 災害に強い道路を目指し、耐震補強や高速道路の長期保全、インフラ整備にも触れ、事業全体の理解を深めていただける内容に改善しました。

使用する略称

本レポートでは、「NEXCO西日本」「当社」は西日本高速道路株式会社を、「NEXCO西日本グループ」「当社グループ」は西日本高速道路株式会社とその子会社および関連会社を含めたグループ全体を表します。

また、「高速道路機構」は、独立行政法人日本高速道路保有・債務返済機構を表します。インターチェンジは「IC」、ジャンクションは「JCT」、サービスエリアは「SA」、パーキングエリアは「PA」と略記します。