▲ 

違いを尊重し、個々が活躍し、進化し続けるチームへ

ダイバーシティ推進の考え方

全社員が“仕事も生活も”充実できる環境を整備

NEXCO西日本では、社員一人ひとりの“違い”を尊重し、「多様な意見」に耳を傾け取り入れることを大切にしています。

違いを持つ社員一人ひとりが自律・成長し、個々の力を100%発揮して活躍できる環境を整備することで、会社を取り巻く様々な環境変化にしなやかに対応できる組織づくりに取り組んでいます。

図:ダイバーシティ推進ビジョン

ダイバーシティ推進ビジョン

女性社員の活躍を支援

長年培われた男性中心の働き方を見直し、女性活躍推進法に基づき策定した行動計画をもとに、「採用」「育成」「環境整備」の各側面から女性社員がより活躍できるよう支援を行っています。

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画(抜粋)

<目標>平成28年4月1日~平成33年3月31日

  1. 新規採用に占める女性の割合を30%以上に拡大する
  2. 社員のキャリア形成支援を図る
  3. あらゆる社員が働きやすく活躍できる環境を構築する

▼女性社員の比率(NEXCO西日本)

グラフ:女性社員の比率(NEXCO西日本)

社内外ネットワーク構築とキャリア自律意識向上

社内外のネットワークを構築するとともに、キャリア自律意識の向上を図るため、女性を対象とした社外研修への派遣やキャリア面談などを行っています。

妊娠・出産・育児と仕事の両立支援面談

妊娠や出産という女性ならではのライフイベントと仕事の両立を支援するため、妊娠時、産前休暇前、職場復帰前、職場復帰後に面談を行い、妊娠期の働き方や休暇からのスムーズな復帰、仕事と育児の両立といった各段階において、それぞれの社員に必要なサポートを行っています。

仕事と家庭の両立支援

“仕事も生活も充実”できる制度を構築

ワーク・ライフ・インテグレーション新規ウィンドウを開きます」とは、会社の仕事(ワーク)と個人の生活(ライフ)を別々に捉えるのではなく、“仕事も生活も人生の一部”として統合(インテグレート)して考え、両者の充実を求める働き方です。

社員が仕事も生活も充実させ、両者の相乗効果でより活躍できるよう、両立支援制度の充実や休暇の取得促進に取り組んでいます。

次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画(抜粋)

<計画期間>平成29年4月1日から平成32年3月31日まで

  • 目標1 男性育児休業対象者に対し、育児関係制度等の周知を行うとともに、育児休業等の取得を促すことで、計画期間中の男性育児休業取得率8%を目指す。
  • 目標2 働きやすい職場環境整備のため、両立支援に資する制度等の拡充を図る。
  • 目標3 社員のワークとライフの充実に向け、休暇の取得促進等を図る。

▼有給休暇取得実績(単位:日)

グラフ:有給休暇取得実績(単位:日)

▼育児休業取得実績(単位:人)

グラフ:育児休業取得実績(単位:人)

社員の声を取り入れた仕事と生活の両立支援制度の拡充

全社員を対象に行ったダイバーシティアンケート結果を踏まえ、2019年4月に育児部分休業(短時間勤務)と子の看護休暇の対象となる子の年齢を拡大、介護短時間勤務の取得日数の拡大や時差出勤制度の導入など、さらなる両立支援制度の拡充に取り組んでいます。

社員の声を取り入れた仕事と生活の両立支援制度の拡充

休暇のさらなる取得促進

各社員の事情に応じて自由に休暇を確立できる制度にするため、 2019年4月からポジティブ休暇(1年を通じて連続休暇を分散できる特別休暇)の連続取得要件を撤廃し、計画的に取得する年休5日とあわせて「ワークライフバランス休暇」として完全取得を推奨しています。

障がい者の雇用促進

障がい者が働きやすい職場づくりに取り組んでいます

当社グループでは、障がい者が自立し、社会参加できるように、障がい者の採用を継続的に行っています。また、職場環境に関して、バリアフリー化などのハード面と健康相談などのソフト面の両面で、障がい者が働きやすい職場づくりに取り組んでいます。

当社の2018年6月現在の障がい者雇用率は2.24%です。

▼障がい者雇用率の推移(NEXCO西日本)(単位:%)

グラフ:障がい者雇用率の推移(NEXCO西日本)(単位:%)

定年後再雇用制度

定年退職者に活躍の機会を提供しています

定年退職者のキャリアを活かし、働きがいを持って活躍できる機会と場を拡大するため、再雇用制度を導入しています。2018年度は、当社の定年退職者のうち、継続雇用希望者11人全員を再雇用しました。

集計範囲:NEXCO西日本