▲ 

業務の安全性向上

簡易路面調査システムの開発

安全・安心な舗装路面の確保に向けて取り組んでいます

NEXCO西日本エンジニアリング四国では、「簡易路面調査システム」の開発に取り組んでいます。2018年度には、道路巡回車などの小型車に搭載可能な高精度3次元形状計測ユニット「Smart-EAGLE type-P」を完成しました。この計測ユニットは、ひび割れ率、わだち量、平坦性の路面性状3要素を完全自動解析できることが特徴で、高頻度な測定と自動解析による迅速な現状把握を可能とします。また、局部的な陥没を抽出する局所沈下量やひび割れ度合いと骨材飛散を定量評価するMPDなどの新たな評価指標を用いた、舗装ポットホール発生予測技術の研究開発を行っています。将来的には測定データをクラウドにアップロードするだけで、最新の損傷状況と舗装ポットホール発生予測をGIS情報システムなどで監視し、予防保全や改良計画を業務支援する「トータルシステム」の構築をめざしています。

写真:Smart-EAGLE type-P搭載状況

Smart-EAGLE type-P搭載状況

高速道路上での作業の安全性向上

ロボアローの開発

当社グループでは、規制作業における矢印板設置を機械化し、作業員の安全性向上と負担軽減に取り組んでいます。通常、矢印板設置は、複数人が車外で作業を行う必要のある危険な重労働ですが、ロボアロー(矢印板自動設置回収車)の開発により、運転手が車内にいながら矢印板を設置・回収することが可能となりました。

そのほか、風による転倒やズレの生じにくい矢印板を開発するなど、引き続き作業の安全性向上と負担軽減に取り組んでいます。

ロボアロー(西日本高速道路メンテナンス九州(株)による開発)

ロボアロー

(西日本高速道路メンテナンス九州(株)による開発)

ロボコーンの開発

NEXCO西日本メンテナンス九州は、高速道路の維持修繕業務を行っています。維持修繕工事の実施にあたり、高速道路本線を規制するためラバーコーンの設置が必要になりますが、これまでは重さが約4kgもあるラバーコーンの設置・回収を作業員が荷台からはみ出して作業を行うため一般車両との接近など、非常に危険なうえ規制延長が長い場合は、作業員に大きな負担となっていました。

このためロボコーン(ラバーコーン自動設置回収車)を開発し、規制にかかる一連の作業を機械化することで、作業員の安全性向上と労力軽減を図っています。

現在、全国の高速道路で69台が稼動しており、今後も導入を進めていく予定です。

写真:ロボコーンによるラバーコーン設置の様子1

ロボコーンによるラバーコーン設置の様子1

写真:ロボコーンによるラバーコーン設置の様子2

ロボコーンによるラバーコーン設置の様子2