▲ 

働き方改革への取り組み

働き方改革の考え方

働き方改革を通じて生産性を向上させるべく、会社と社員が一体となって取り組んでいます

社員がイキイキと健康的に能力を発揮できる環境を整えることは、企業にとって重要な課題です。当社の使命は高速道路の安全・安心の実現ですが、それを実現する社員の健康と安全を守ることも会社の重要な責務です。

そこで、柔軟な勤務体系の導入や業務の効率化による時間外労働の削減、ダイバーシティの推進などにより、社員にとって働きやすい職場環境を実現するとともに、社員一人ひとりが「決められた時間内でどうすれば効率的に業務を遂行できるのか」という目標を持ち、社員にとって働きやすい職場環境づくりを推進していきます。

具体的な取り組み策

社員の健康管理の強化

当社が目指すワーク・ライフ・インテグレーションの実現のためには、“社員の健康”が重要であるため、社員の健康管理を強く意識しています。

産業医・看護師と連携した健康管理や過重労働による社員の健康障害の防止に取り組むとともに、健康増進策の一環として歩数に応じて健康増進ポイント(レクリエーション費用として利用可能なポイント)を付与する「ウォーキング制度」を導入しています。

写真:看護師による健康相談の様子

看護師による健康相談の様子

こころの健康診断“ストレスチェック”の実施

産業医・看護師による健康相談とともに、2013年度から継続してストレスチェック実施して“社員のこころの健康度”の把握に努めています。また、メンタル不調者に対する理解を深めるため、自身と部下に対するメンタルヘルスマネジメント研修を行っています。

安心して働ける職場環境づくり

仕事や職場環境、生活との両立や今後のキャリア形成など、働く上で生じる様々な悩みや不安について、国家資格を有する企業内キャリアコンサルタントに相談できる「キャリア相談窓口」などを設けるとともに、両立支援制度が利用しやくなるようガイドブックを作成して周知するなど、社員が安心して働き続けられる環境づくりを進めています。

写真:仕事と介護の両立支援ガイド

仕事と介護の両立支援ガイド
※各制度の利用できる期間等が分かる早見図を掲載

写真:妊娠・出産・育児に関する両立支援制度ガイド

妊娠・出産・育児に関する両立支援制度ガイド
※ママとパパ別に利用できる制度が分かる早見図を掲載

関連ページ