▲ 

SA・PAの機能強化

物流事業者支援

駐車場の拡充やコロナ禍でのシャワーステーションの営業継続

当社では、高速道路の休憩施設において顕在化している駐車エリアの混雑に対し、駐車マスの拡充を進めています。

特に、長時間駐車等による深夜帯を中心に大型車の駐車マスが不足し混雑が発生していることから、直近3年で約800台分の大型車の駐車マスを拡充し、休憩施設の機能向上に取り組んでいます。

また、深刻なドライバー不足の進行に対し、物流事業者のニーズ等を踏まえダブル連結トラックの導入が進められていることから、ダブル連結トラックに対応した駐車マスの整備を進めています。

その他、疲労回復とくつろぎの提供として、一部のSA・PAにシャワーステーションを整備しています。コロナ禍では、物流に支障を生じさせないため、感染予防対策を講じることでシャワーステーションの営業を継続しました。また、さらなる利便性の向上や接触機会の低減として、スマートフォンを利用したスマートキー(電子鍵)による解錠・施錠システムを山陽自動車道瀬戸PA(上り線)女性用シャワーステーションに導入しました。

写真:ダブル連結トラック駐車マスダブル連結トラック駐車マス
写真:シャワーステーションシャワーステーション
図:シャワーステーションに導入したスマートキーの使用イメージシャワーステーションに導入したスマートキーの使用イメージ