▲ 

お知らせ

災害ボランティア車両の高速道路の無料措置について

令和3年7月1日現在
西日本高速道路株式会社

災害ボランティア車両の高速道路の無料措置を実施しています。

下記記載の利用方法や注意事項等を確認のうえ、ご利用ください。

※令和3年7月より開始される専用WEBサイトを用いたボランティア車両証明書の発行については、「災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続き(変更)について」を参照してください。

※令和元年7月より開始した手続きの簡素化については、「災害ボランティア車両の高速道路無料措置における手続きの簡素化について」を参照してください。

1.利用方法

(1)
災害ボランティア車両 高速道路通行証明書発行サイト新規ウィンドウを開きます  」にアクセスのうえ、必要事項を入力し「災害ボランティア車両高速道路通行証明書」 を取得
(2)
往路の高速道路を利用し、被災地の指定IC(出口料金所)にて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、災害ボランティア車両高速道路通行証明書を係員へ提出
(4)
ボランティア活動実施
(5)
ボランティア活動終了時、災害ボランティアセンター等で証明書に「活動確認」の押印を受ける
(6)
復路の高速道路を利用し、到着地のIC(出口料金所)にて顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、災害ボランティア車両高速道路通行証明書を係員へ提出
走行途中の本線料金所では、顔写真付きの本人確認書類を提示のうえ、災害ボランティア車両高速道路通行証明書の所定の欄に押印を受ける。

利用方法イメージ

2.災害ボランティアを募集している自治体と「ボランティア車両証明書」

ボランティア車両 様式

都道府県 市区町村 災害ボランティアセンター等

令和2年7月豪雨災害(熊本県)を対象とするボランティア車両証明書の申し込み画面はこちら

災害ボランティア車両 高速道路通行証明書発行システム
【令和2年7月豪雨災害(熊本県)】

※災害ボランティア車両の無料措置・証明書発行に関する「よくあるご質問」や発行システムの「利用マニュアル」については、 発行システムのTOPページ 新規ウィンドウを開きます からご確認ください。

※発行システムをご利用いただく前に、下記の注意事項を必ずご確認ください。

※発行システムに表示される「災害ボランティア車両高速道路通行証明書利用約款」をご確認のうえ、ご利用をお願いいたします。

※災害ボランティア活動に参加される災害ボランティアセンターについては、発行システム上でご選択ください。

※ボランティアセンターにより募集範囲等が限定されておりますので、各ボランティアセンターのホームページ等で事前に最新の受付状況をご確認ください。
募集範囲外の方は無料措置の対象外となりますので、ご注意ください。

熊本県 人吉市 人吉市災害復興ボランティアセンター又は人吉市
熊本県 球磨村 球磨村復興ボランティアセンター又は球磨村
熊本県 八代市 八代市復興ボランティアセンター又は八代市

※経路途中での一時退出をご利用される場合には、 経路途中での一時退出ご利用時の注意事項(198KB) PDFファイルを開きます をご確認ください。

3.注意事項

  • 災害ボランティア車両の無料措置は、災害ボランティアに従事する方のみが対象です。
  • 料金所通行時には、運転免許証等の顔写真付きの本人確認書類を提示いただきます。
  • 入口では一般レーンで通行券を受け取り、出口では一般レーンでボランティア車両証明書と通行券を係員にお渡しください。(入口で料金精算を行っている場合には入口でボランティア車両証明書を係員にお渡しください。)
    人吉球磨スマートIC(出口)を災害ボランティア車両としてご通行される場合も、同様に、入口料金所で受け取った通行券と、ボランティア車両証明書を係員へお渡しください。(夜間等係員が不在の場合はインターフォンで係員を呼び出してください。)
    人吉球磨スマートICを流出する災害ボランティア車両の通行方法(264KB) PDFファイルを開きます をご覧ください。
  • 一般レーンに料金精算機が設置されている料金所においては、料金精算機の呼出しボタンを押して、災害ボランティア車両の無料措置を受ける旨を係員にお伝えください。
  • ETCはご利用いただけません。(入口または出口をご通行される際は、車載器からETCカードを抜いて、一般レーンをご通行ください。通常、スマートインターチェンジは、ETC車のみご利用可能ですが、人吉球磨スマートIC(出口)においては、災害ボランティア車両としてご通行できる取扱いをしております。(ご通行にあたって、夜間等係員が不在の場合はインターフォンで係員を呼び出してください。))
  • ボランティア車両証明書に記載いただいた入口IC、あらかじめ印字された出口IC以外のご利用はできません。
    通行止め等のやむを得ない場合を除き、原則、途中流出はできません。
  • ボランティア車両証明書は記載の出口ICで回収します。(ただし、入口で料金を支払う場合には、当該入口で回収します。)
  • 復路ご利用の際は、ボランティア活動終了後に、災害ボランティアセンター等で活動確認の押印が必要となります。
  • ボランティア車両証明書は料金所で回収されます。往路用と復路用は別々の用紙で印刷してください。(両面印刷不可)
  • ボランティア車両証明書に記載いただいた個人情報は本措置の管理目的のみに利用し、法令で認められる場合を除き第三者への開示・提供をいたしません
  • 令和3年7月1日から、利用約款に定める事由に該当する場合には経路途中での一時退出が可能となりますが、発行システム上で一時退出料金所を登録していただく必要がございます。
  • ボランティア車両証明書に一時退出料金所が記載されていない場合の一時退出及び証明書記載の一時退出料金所以外での一時退出はご利用いただけませんのでご注意ください。

4.インターネットをご利用いただけない場合の災害ボランティア車両の高速道路の無料措置

インターネットをご利用いただけない場合は、最寄りの自治体担当窓口で災害派遣等従事車両証明書の発行手続きをお願いいたします。

災害ボランティアの車両における手続き

災害ボランティアの車両における手続き

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。