▲ 

お知らせ

第6回日米インフラフォーラムにてNEXCO-West USA, Inc.社長が基調講演を行いました

令和6年2月22日
西日本高速道路株式会社

NEXCO西日本(大阪市北区、代表取締役:前川秀和)のグループ会社であるNEXCO-West USA, Inc.(米国ワシントンDC、以下「USA社」)は、米国で非破壊点検などの業務を行っています。このたび、USA社のPresident & CEO:松本正人が国土交通省主催の「第6回日米インフラフォーラム」で基調講演を行いましたので、お知らせいたします。

1. 開催概要

開催日時:
令和6年2月8日(木曜日)
開催場所:
米国ミシガン州デトロイト、マリオット・アット・ルネッサンス・センター

2. NEXCO-West USA, Inc. 社長 松本正人の登壇について

「橋梁と舗装への革新的なモバイル点検技術」と題して基調講演を行いました。

また、レセプションではUSA社の展示を行い、技術やプロジェクトの紹介を行いました。

<基調講演の様子>

松本社長による講演の様子

松本社長による講演の様子

講演者・パネル討論参加者の集合写真

講演者・パネル討論参加者の集合写真

~ 基調講演の主な内容 ~

  • USA社が米国の橋梁及び舗装点検業務にて活用している非破壊検査技術の紹介
  • カリフォルニア州政府に導入されたUSA社の赤外線点検システムの事例紹介
  • 米国の製品(Road Zipper System)の日本への輸入事例紹介
    以上の紹介を交え、USA社が日米それぞれの優れた技術等をお互いの国に導入することで、両国の高速道路事業の発展において国際的な架け橋の役割を果たしていることを発表しました。

3.日米インフラフォーラムについて

本フォーラムは、インフラ分野における日米協力の促進を進め、協力分野の特定や産学官関係者とのネットワーキングの場となることを目指して開催されており、過去5回のフォーラムにおいてもUSA社より基調講演を行ってきました。

今回は「日米企業の連携によるモビリティの未来」をテーマに、国土交通省、米国運輸省、ミシガン州政府がそれぞれの政策について講演を行ったほか、日米各企業がモビリティ分野における各社の取り組みの紹介を行いました。

(参考)日米インフラフォーラムの開催実績

第1回:
2018年 1月 ワシントンD.C.
第2回:
2018年11月 インディアナ州インディアナポリス
第3回:
2020年 2月 テキサス州オースティン
第4回:
2021年 3月 オンライン
第5回:
2022年 8月 カリフォルニア州サンフランシスコ