▲ 

ニュースリリース

高速道路における逆走対策技術の公募について

平成28年11月22日
東日本高速道路株式会社
中日本高速道路株式会社
西日本高速道路株式会社

東日本・中日本・西日本高速道路株式会社は、平成28年11月22日に、高速道路における逆走対策技術の公募を開始しました。

高速道路での逆走は、概ね2日に1回発生しており、逆走車両だけでなく正しく走行している方も巻き込まれ、正面衝突するなど悲惨な事故が後を絶ちません。国土交通省では2020年までに逆走事故ゼロを目標に掲げ、その目標を達成するため、平成28年3月に「高速道路での逆走対策に関するロードマップ新規ウィンドウを開きます 」を策定しました。今後の逆走対策を「過失」、「故意」、「認知機能低下」といった逆走の原因と「逆走を未然に防ぐ」「逆走に気づかせる」「逆走が発生しても事故に至らせない」という対策の方向性の組み合わせで整理し、これをベースとして道路側、運転者側、自動車側それぞれから、ハード・ソフト面での重層的な対策を講じていくこととしています。

本公募は、その取り組みの一環として、民間会社等から逆走対策技術を募集し、現場検証及び評価の対象となる技術(開発中も含む)を求めるものです。

公募の概要(公募は終了しました)

公募期間:
平成28年11月22日~平成29年2月10日
試行期間:
平成29年4月から概ね1年程度
テーマ[I]:
道路側での物理的・視覚的対策、道路側での逆走車両への注意喚起に関する技術
テーマ[II]:
道路側で逆走を発見し、その情報を収集する技術
テーマ[III]:
自動車側(自動車・車載機器)で逆走を発見し、その情報を収集する技術
自動車側での逆走車両ドライバーへの注意喚起に関する技術
応募資格:
「個人」「民間企業」または「大学等」であること。ただし、「個人」及び「大学等」については、「民間企業」と共同開発している場会に限ります。

【追加】上記赤文字箇所を追加しました。(平成28年12月1日)

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。

ページ上部へ戻る