▲ 

グループ会社の取り組み

NEXCO西日本エンジニアリング九州

女性技術者会議を開催しています

当社グループで主に点検・管理を実施しているエンジニアリング系会社では、女性技術者同士のネットワークと総合的な技術力強化に向け、女性技術者会議を開催しています。

2016年度にキックオフとして6社18 名が参加し、まずは参加者同士の業務実態や共通の悩みや課題を共有・討議しました。各社とも男性社員が多く女性ならではの不安を抱えながら勤務している実態や、一方で女性社員自身の甘えがあることなどについても意見交換の中で気づきとして得ることができました。

今後は働きやすい職場環境づくり等だけでなく、業務へ直結できるよう課題解決型の討議を行うなど、将来的には後進の育成など様々な活動へと広げていければと考えています。

▼女性技術者会議の様子

写真:女性技術者会議の様子

NEXCO西日本パトロール中国

スキルの継承に取り組んでいます

NEXCO西日本パトロール中国では、ベテラン隊員の経験から培ってきた高いスキルを継承することで高い現場力の維持と若手の育成に取り組んでいます。

取り組みにあたり、全社員から重要なスキルを募集し、討議して取りまとめ「交通管理隊の道標(みちしるべ)」として1 冊の本に編集しました。主に新入社員のOJT の教材として使用し、ベテラン隊員からも「改めて気づかされることが多い」という声もあることから、業務の安全性と効率性の向上など働き方の改革としても効果を発揮しているところです。

今後もこうした取り組みを続け、暗黙知を形式知にすることで技術の継承とあわせて、更なる業務の安全や効率化に向けて取り組んでいきます。

▼交通管理隊の道標(みちしるべ)

写真:交通管理隊の道標(みちしるべ)

写真:交通管理隊の道標(みちしるべ)表紙

NEXCO西日本パトロール九州

業務の効率化に取り組んでいます

NEXCO西日本パトロール九州では、タブレット端末を使った交通巡回記録システム「パトレコ」を導入し改良を重ねることで業務の効率化に取り組んでいます。

交通管理隊員は日々高速道路をパトロールしますが、以前はその巡回記録の整理は主に基地に戻ってからの仕事でした。システム導入後は現場で入力できることで事務処理時間を約30%削減できています。また、熊本地震の際に被災状況を素早く伝達するツールとしても活用することで、迅速な復旧対応にも繋げることができました。

隊員の負担軽減は、日常訓練時間の確保だけでなく時間外業務の削減を含めた業務効率化にもなります。またそれが定着することで社員自身の働き方への意識改革にも繋がっていくことから、今後も業務の効率化を継続していきたいと考えています。

▼交通巡回記録システム「パトレコ」

写真:高速道路でのパトロールの様子

写真:交通巡回記録システム「パトレコ」

NEXCO西日本サービス四国

メンタルヘルスマネジメントに取り組んでいます

NEXCO 西日本サービス四国では、職場での円滑な人間関係の維持向上のため、メンタルヘルスマネジメントの個人レベルへの浸透に取り組んでいます。

セルフケアはメンタルヘルス研修としては一般的ですが、当社では管理職層に対する講義の一つとして、アンガーマネジメント(怒りをコントロールする手法。最初の6秒間は怒りの制御が難しい等)を導入しています。マンガを使った教材を利用するなど受講者が分かりやすいように工夫したことで、今では「6秒ルール!」が管理職での合言葉となっています。

今後は、セルフケアやラインケアに加えて、アサーション(自分も相手も大切にする自己表現)やストレスマネジメントなども取り扱うことで、必要なスキルを個人レベルまで浸透させていきたいと考えています。