▲ 

経営理念・行動憲章・CSR活動方針

グループ理念

私たちは、高速道路の安全・安心を最優先に、
高速道路の進化に挑み続け、
地域の発展と豊かな未来の実現に貢献します。

グループ行動憲章(抜粋)

高速道路は、人々の生活に深く根差し、永く将来にわたり我が国の文化・産業の発展に寄与する重要な社会基盤です。私たちNEXCO西日本グループは、人や物の全国的な交流・流通を支える高速道路事業やSAPA事業などの関連事業への取り組みを通じて、西日本地域の経済の発展と生活の向上に貢献するという使命に応え、また良好な環境の保全・形成や、技術や人材交流を通じた国際社会の発展などに積極的に取り組み、あらゆる面で良き企業市民として社会的責任(Corporate Social Responsibility)を全うすることで、常に社会と調和し、社会から信頼される存在でありたいと考えます。

  1. 法令や社会のルールを遵守し、いかなる場合であっても、決してこれに反する行為は行いません。
  2. 自由で活発な創造的企業活動を、公正を旨として行います。
  3. 一人ひとりがグループにおける自らの役割と権限を自覚し、その責任を全うするため、全力を尽くします。
  4. 企業活動における情報の重要性を踏まえて、情報の入手と活用及び適正な取り扱いを常に心がけて行動します。
  5. 5つのステークホルダー新規ウィンドウを開きます(お客さま、社会、投資家及び国民の皆さま、グループの社員、お取引先)の信頼に応えます。

グループのCSR活動方針

事業活動を柱として、社会の持続的な発展に貢献します

当社グループの最大のCSR新規ウィンドウを開きますは、本業(事業活動)を通じて社会の持続的な発展に貢献することです。具体的には「高速道路の安全・安心の確保と着実な整備」、「SA・PAでのお客さまサービスの提供」であり、それらを着実に実行することにより、社会の発展への貢献、ひいてはグループの成長につながっていくものと考えています。

図:社会の持続的な発展