▲ 

情報の公開

情報公開の手続き

ディスクロージャー・ポリシー

開示の求めの対象となる会社情報

販売することを目的として発行されるものを除き、高い公共性を有する高速道路の建設・管理に関し、当社の役員又は社員が職務上作成し、又は取得した文書、図面及び電磁的記録であって、当社の役員又は社員が組織的に用いるものとして、当社が保有しているものを開示の対象といたします。

開示の求めができる人

開示の求めは、企業、団体、個人を問わず誰でもできます。

開示の求めの方法

開示の求めの書面を情報開示窓口に提出するか、郵送により請求してください。電子メールやFAXによる受付はいたしません。なお、窓口へのご来訪にあたっては、事前に下記連絡先まで連絡していただきますようお願いいたします。また、駐車場がありませんので、公共交通機関をご利用ください。

<郵送による送付先>
〒530-0003
大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ19階
西日本高速道路株式会社 広報課
Tel:06-6344-4000(代表)

<来訪による提出先>
〒530-0003
大阪市北区堂島1-6-20 堂島アバンザ18階(受付)

※来訪による提出をされる場合は、事前にご連絡をお願いいたします。

窓口営業時間:9時30分~12時(受付は11時45分まで)13時~17時(受付は16時45分まで)
(土曜・日曜・祝日、年末年始を除く)

手数料

開示の求めを行うときは、手数料として、請求1件につき324円(税込)が必要になります。また、会社情報の写しの交付には別途実費が必要になります。これらの費用は、開示・不開示の決定後、現金もしくは当社が指定する口座への銀行振込によって納付してください。現金の場合は、お釣りのいらないようにご準備ください。

開示の求めに係る手数料、開示の実施に係る手数料はこちらをご覧ください。

開示・不開示の決定

当社の情報開示は、次に掲げる事項については不開示となります。なお、求めのあった情報を開示するかどうか、原則30日以内(起算日は「開示等の求めのあった日」の翌日とします。期間の末日が当社の休日に当たる場合は、その翌営業日を期間満了の日とします。)に求めをされた方に書面で連絡します。
※事務処理上の困難その他により決定期限を延長する場合は、その旨を書面により連絡します。

<不開示となる情報>
1. 
特定の個人を識別できるもの、または公にすると個人の権利利益を害するおそれがあるもの
2. 
事業を営む個人、法人等に関する情報で、公にすると正当な利益を害するおそれがあるものなど
3. 
会社、国の機関、地方公共団体等の情報で、公にすると意思判断の中立性が損なわれるおそれがあるものなど
4. 
会社が行う事務又は事業の情報で、公にすると事務または事業の遂行に支障を及ぼすおそれがあるものなど

当社が不開示としている例

当社発注工事の金入設計書一式(設計内訳書、単価表、代価表、割掛項目一覧表等)は、工事の契約に係る契約制限価格が類推されるおそれのある積算単価等の情報です。公にすることで、公正な入札または見積実施の目的が達成できなくなるなど、当社の入札・契約手続の適正な遂行に支障を及ぼすおそれがあり、上記4に該当すると判断し不開示としております。

なお、入札・契約手続きにおける透明性確保の観点から、公共工事の入札契約適正化法に基づき内規により、対象となる発注案件ごとの積算内訳書を各発注機関及びウェブサイトにおいて閲覧に付しております。

当社が作成していない情報等の開示を求められる場合

開示の求めが、行政機関や独立行政法人等により作成されたものである場合には、直接その作成元に開示の求めをしていただくようお願いします。

開示の実施

開示の実施は、写しの交付により行うこととします。なお、写しの交付を郵送により希望される場合は、それに係る郵送料が必要となります。

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。