▲ 

中期経営計画

ごあいさつ ~中期経営計画2020の策定にあたって~

西日本高速道路株式会社
代表取締役会長兼社長
西村 英俊

高速道路は我が国の大動脈として生活・経済活動に欠かせない重要インフラであり、当社グループは24時間365日、この高速道路の機能・サービスを間断なく提供する使命を担っています。

「私たちはリスクマネジメントを徹底し、高速道路の安全・安心を最優先に、お客さまの満足度を高め、地域の発展に寄与することにより、社会から信頼され成長する企業グループをめざします」というグループ理念を掲げ、以下の重点施策をはじめとする今5箇年の『中期経営計画2020』をグループ一丸となって推進してまいります。

  • 高速道路の安全・安心を長期にわたり確保するため、技術の高度化・効率化を図り、適切な点検・補修等を継続的に進めます。また、老朽化した道路構造物の大規模更新事業等を着実に実行します。
  • 工事中の安全管理を含めた事業リスクマネジメントの更なる強化を図ってまいります。また、将来の大規模災害に備え、耐震性の向上・対応力の強化を図ってまいります。
  • 日本の新たな大動脈として新名神を今計画期間内に一部開通させ、平成35年度には全線開通を目指します。また、4車線化事業などのネットワーク機能強化を着実に進めます。
  • お客さまと地域の皆さまに愛されるSA・PAづくりを推進します。
 
西日本高速道路株式会社 代表取締役社長 石塚 由成

目次

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。