▲ 

各種制度等の導入

調査等における低入札価格調査制度及び総合評価落札方式の評価方式の見直しについて

NEXCO西日本では、原則、令和元年5月1日以降に公告する調査等において、価格評価基準額・審査対象基準価格及び最低制限価格を国土交通省の低入札調査基準価格の見直しにあわせて変更します。ただし、令和元年5月1日以降に公告する工事であっても旧基準を適用する場合があるため、発注図書をご確認ください。

1.価格評価基準額・審査対象基準価格(基本調査)・最低制限価格の見直しについて

[変更前]

地質調査業務の算出方法は、次の合計額とする。

  • 直接調査費×1.0
  • 間接調査費×0.9
  • 技術業務費(※1)×0.8
  • 諸経費×0.45
[契約制限価格に対して下限75%]
右矢印

[変更後]

地質調査業務の算出方法は、次の合計額とする。

  • 直接調査費×1.0
  • 間接調査費×0.9
  • 技術業務費(※1)×0.8
  • 諸経費×0.48
[契約制限価格に対して下限75%]
※1
解析等調査業務費

なお、地質調査業務以外の測量、建築関係設計業務、設計業務、補償業務の変更はありません。

2.審査対象基準価格(重点調査)について

契約制限価格に対して65%を乗じて得た額とし、以前から変更はありません。