▲ 

交通管理・情報提供

常にお客さまの通行の安全確保に努め、わかりやすい情報をリアルタイムで提供します

交通管理

道路管制センターでは、交通管理隊や高速道路交通警察隊の巡回、非常電話によるお客さまからの連絡、車両検知器、気象観測器、監視カメラなどから、交通事故や渋滞、異常気象などの道路情報を24時間体制で収集し、常に交通の安全確保に努めています。

道路管制センター
監視カメラ
道路巡回パトロールカー

情報提供の流れ

交通管理・情報提供の流れ
落下物排除
事故復旧
情報ターミナル

情報提供

安全で快適な走行環境を確保するためには、本線上の情報板などによる、リアルタイムでわかりやすい道路交通情報の提供が不可欠です。情報提供は、道路上の各種機器から光ケーブルを介して収集した情報を、瞬時にコンピューター処理し、各種情報板やハイウェイラジオなどでリアルタイムに視覚的、音声的にわかりやすく提供しています。また、平成23年3月からITSスポットサービス(平成26年10月から「 ETC2.0サービス 」に呼称変更)が開始され、高速かつ大容量の通信を行い、 リアルタイムで広範囲の道路交通情報、安全運転支援などの多様なサービスを提供しています。

情報板の種類

情報提供
広域情報板
図形情報板
本線情報板
料金所情報板
インター入口情報板
休憩施設混雑情報板
ハイウェイラジオ情報板

ITSスポット

ITSスポットとは、ETCと同じ通信技術を用いて、自動車のドライバーを対象とした多様なサービスを受けられる道路上のエリアのことです。 道路に設置された「ITSスポット」と自動車に搭載された「対応カーナビ」との高速・大容量通信により、広範囲の渋滞データや交通情報等で賢くルート選択するダイナミックルートガイダンスや、ドライブ中のヒヤリを減らすため事前に注意喚起する安全運転支援、ETC等のサービスを実現し、提供しています。