▲ 

事業エリア、高速道路の役割

包括的連携に関する協定等の締結

NEXCO西日本は、「包括的連携に関する協定」及び「大規模災害発生時等における相互協力に関する協定」を各自治体と締結しています。

「包括的連携に関する協定」は、各自治体とNEXCO西日本が相互の連携を強化し、双方の資源を有効に活用することにより、地域社会の安全・安心の向上と活性化、高速道路利用者の利便性向上と利用促進を図ることを目的としています。

また、「大規模災害発生時等における相互協力に関する協定」は、防災・災害対策など地域の安全・安心の向上に関することとして、大規模な災害が発生した場合に、初動段階から高速道路及び一般道の道路管理者が相互に緊密な連携・調整を図り、迅速かつ円滑な災害対応を図ることを目的としています。

包括的相互協力協定の内容

  • 防災・災害対策など地域の安全・安心の向上に関すること
  • 観光・文化・産業の振興など地域社会の活性化に関すること
  • 環境保全に関すること
  • 交通安全に関すること
  • 高速道路等の利便性向上・利用促進に関すること
  • 技術交流に関すること  等

締結先一覧

大規模災害発生時における相互協力に関する協定の内容

  • 休憩施設等の防災拠点としての活用
  • 休憩施設等の緊急開口部を活用した緊急車両の通行
  • 災害対策等に係る資機材及び物資の提供
  • 災害情報等の共有
  • 公共土木施設の調査及び復旧に対する技術支援
  • 相互の道路機能の活用  等

締結先一覧

(関西)

  • 堺市 (平成23年9月1日)
  • 京都府 (平成23年5月31日)
  • 福井県 (平成24年3月30日)
  • 京都市 (平成23年3月23日)
  • 大阪府 (平成22年7月22日)
  • 奈良県 (平成22年5月26日)
  • 滋賀県 (平成22年3月10日)
  • 神戸市 (平成22年2月12日)
  • 兵庫県 (平成22年1月13日)

津波緊急避難における高速道路敷地の一時使用に関する協定の内容

  • 津波が襲来又はそのおそれがある場合に、地域住民の生命を守るため、緊急避難場所として高速道路敷地の一部を一時使用できる

締結先一覧

(九州)

  • 沖縄県金武町 (平成25年11月12日)
  • 門川町 (平成24年11月29日)
  • 日向市 (平成24年9月27日)

前のページに戻る