▲ 

建設進捗情報

E94一般国道2号 神戸西バイパス(第二神明道路)

路線図

路線図

  • 表記上の略称 JCT: ジャンクション IC: インターチェンジ

現在の進捗状況

1
予定路線、基本計画、
整備計画
5
用地幅杭設置
2
機構協定締結
国交大臣事業許可
6
用地取得
3
測量調査
7
工事
4
設計協議
8
完成開通

事業概要

一般国道2号 神戸西バイパス(第二神明道路)は、兵庫県神戸市を起点とし、兵庫県明石市に至る総延長約12.5kmの道路であり、第二神明道路のバイパスとして計画された道路です。このうち永井谷JCT~石ヶ谷JCT(仮称)間(約6.9km)において、公共事業と有料道路事業との合併施工方式が導入されました。

永井谷JCT~石ヶ谷JCT間は、既に開通済みの垂水JCT~永井谷JCTに接続することで、交通混雑が著しい神戸市西部地域において、交通混雑の緩和、交通安全の確保、災害時の代替機能の強化など地域の発展に貢献すると期待されます。

整備効果

  1. 物流ネットワークが拡充されることで、東西方向の物流の効率化が期待できます。
  2. 交通混雑の緩和が図られ、第二神明道路の事故の減少が期待できます。
  3. 災害や交通事故等の第二神明道路の通行規制時における代替路が確保され、一般道の交通集中緩和が期待できます。

事業進捗(%)

  用地幅杭設置率 用地取得率 工事着手率
令和4年6月末現在 100 98 65
  • 測量調査・設計及び用地取得を進めており、工事にも着手しております。

建設現場からのお知らせ

第二神明道路事務所 第二神明道路北線 神戸西バイパス永井谷JCT~石ヶ谷JCT(仮称)担当

てらすハイウェイ(NEXCO西日本 第二神明道路事務所広報誌)

神戸西バイパス(永井谷JCT~石ヶ谷JCT(仮称)間)約6.9kmの建設を行っています。

現在、主に道路の設計、用地取得、埋蔵文化財調査を実施しており、順次工事発注を進めています。

タイトルの「てらす」は、当地区の代表的な地形である段丘(Terrace)を表しています。

また、神戸西バイパスが地域の未来を「照らす」、本誌が事業を「照らす」ことで皆様とのコミュニケーションの場となる、という願いを込めています。